鉄鉱泉の湯

源泉100%かけ流しの湯

鉄鉱泉本館の湯

泉質・効能

源泉名 旦過の湯(たんがのゆ)
泉質 アルカリ性低張性高温泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、動脈硬化症、
きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病
入浴可能時間 24時間
貸切

可(要予約)

混雑時、トップシーズンはお受けできないこともございます。
ご利用時間につきましては、その日のご予約状況などを鑑み、
ご相談させていただきたく存じます。その日一日、
宿を共にする皆さま全員が気持ちよくご利用いただけるよう、
ご協力のほどお願い申し上げます。


鉄鉱泉について

 当館の屋号にもなっている「鉄鉱泉(てっこうせん)」。
当館より3kmほど山奥に入ったところに湧き出すこの鉄鉱泉は、450年もの昔から “神秘の水”、“謎の水”として、近在の人々から万病の治療に、また健康づくりの常備薬として重宝がられ、「渋・鉄鉱泉・毒沢の水」等の名称で呼ばれてきました。
戦国時代には甲斐の国の武田信玄が負傷した兵士をその鉱泉で癒したとされています。
(一説には、信玄がその効能の高さゆえ、敵方にその存在を知られないようにあえて“毒沢”と名付けたと言われています。)

 この鉄鉱泉は、ミネラル(カルシウム・鉄・ナトリウム・マグネシウム等各種元素)が100%イオン化し、身体に吸収されやすい形で豊富に含まれます。全国的にみて、“含鉄・アルミニウム・硫酸塩冷鉱泉=鉄鉱泉”は、大変珍しいものとされています。

 鉄鉱泉は当館浴室の脱衣所にて試飲、塗布していただけます。